サーフィン障害"痛み"の改善・選手のメンテナンスは「SHIRAKU」サーフコンディショニング

SHIRAKUについて
SHIRAKUサーフコンディショニングについて
  • サーファーが抱える痛みの改善

    サーフィンしている方の首・肩・腰・ひざなど、痛みのほとんどがスポーツ障害(サーフィン障害)と言われる慢性的なケガによるものです。サーフィンのような接触(ボディコンタクト)の少ないスポーツでは、「動きの質」の悪さによるケガが大半の原因となり、その原因を改善するためには、姿勢や動作を分析して身体を整える必要があります。※スポーツ障害(サーフィン障害)とは、繰り返し負荷がかかることで痛みを発症する慢性のケガのことです。

    コンディショニングフローについて

  • 選手のメンテナンス

    姿勢や動作を分析して身体を整えることをベースに、サーフィンのパフォーマンスに関わる「動きの質」を競技特性に合わせて高めていきます。可動域の低下や筋出力を改善することでケガのリスクを減らすことができます。またサーフィン障害になりづらい身体は選手の強みとなりスキルアップ、結果にもつながることでしょう。

    関連記事を見る

  • トレーナーとの連携

    選手の方には、早期回復や再発防止などの本人では判断しづらいことを専門的な分析をおこない親御さん、トレーナーへ説明します。
    ・ケガをしやすい選手の身体の使い方
    ・どうすれば理想とする動きができるか
    ・どのようなケガで、どの程度ならプレーしていいか
    ・どのくらいで治る見込みで、どのようなリハビリをするか

 サーフィン障害へのコンディショニングの流れ

1.ヒアリング

痛み状態、発症した原因を聞きます。

2.動作分析

姿勢や動作を分析して身体の状態を評価します。

Play Movie

3.整体・調整

可動域、筋出力のチェックをおこない、痛みの根本的な原因を探して整えます。

Play Movie

4.動作チェック

身体の状態を再評価します。

Play Movie

5.セルフケア

身体の良い状態を保つためのエクササイズを覚えていただきます。

Fee details / 料金詳細

1セッション / 30分コース / ¥4,320 / 50分コース / ¥6,480
営業時間 / SHONAN / 水13~18時
YOKOHAMA / 月火木金10~12時・13~20時 / 土10~12時・13~18時
※完全予約制です。お問い合わせはこちら

Overview / 概要

SHIRAKU / 代表 / 濱谷 雅樹
プロフィール / 1978年横浜生まれ 湘南 辻堂在住。
16歳の夏休みに鵠沼ではじめてサーフィンをする。余分な力みのないリラックスしたサーフィンができるように、もがき続けるごく一般的なサーファー。
2005年6月  横浜市鶴見に整体院しらくを開業。姿勢・動作分析をもとに、痛みのでない身体づくりを提供する。
2013年3月 サーフトレーニング湘南辻堂教室に通いはじめ、サーフィンに適した身体作りを基礎から学ぶ。
2014年10月 茅ヶ崎市東海岸にてサーファー向け身体のコンディショニングをスタート。ケアやメンテナンスだけでなく、サーフトレーナーと連携してJPSA選手、NSA選手、一般サーファーの身体づくりをサポート。
2016年6月 サーファーに特化したシラクサーフコンディショニングとして新たにスタート。みなさんのサーフィンライフが安心安全でありますようにお手伝いします。

所在地 / SHONAN / 茅ヶ崎市東海岸南1-21-3クリオ茅ヶ崎弐番館
YOKOHAMA / 横浜市鶴見区豊岡町14-24
連絡先 / 045-584-6019 24時間受付エントリーフォーム

SHONAN YOKOHAMA

投稿記事の一覧表示

SHIRAKUサーフコンディショニングの詳しいワークフローや選手との取り組む内容をより細かくチェックできます。痛み・サーフィン障害をかかえ、選手・競技者として満足のいく結果が出せず悩んでいませんか?痛みのせいで趣味のスポーツを楽しめなくなっていませんか?

詳細はブログページをチェック

スポーツコンディショニングSHIRAKU エントリーフォーム

こちらのエントリーフォームは24時間対応可能です。ご予約、SHIRAKUへの質問、サーフィン障害の相談など何なりとお問い合わせください。※入力した内容に間違いがないか確認後、送信してください。